THE 印鑑  
印鑑の選び方
個人用印鑑
法人用印鑑
 

 
結局 いい物・本物を選ぶなら
メーカー直販ショップです
メーカーダイレクトのハンコ屋さん
いいはんこショップ 即日発送可能です
 
印鑑の選び方

普段、当たり前のように印鑑を利用していますが、それぞれどんな役目を持っているのでしょうか?その種類について簡単に見て行きましょう





1.印鑑の種類

■実印

象牙のご夫婦実印セット【印鑑のいいはんこショップ】

一般的に役所に実印登録をした印鑑で個人・法人の法的な証明となる印鑑です。個人実印の場合、他の用途の印鑑との混同を避ける為に姓名ともに彫るのが一般的です。自動車の購入や不動産の登記等、重要な局面で使用する印鑑です。


実印登録用の印鑑の条件
1.直径は12mm〜18mm
2.浸透印(ゴム印・シャチハタ等)は不可です。
3.戸籍と同じ名前であること(通称や偽名は不可です)

上記以外にフルネームである事を条件としている自治体や、氏名の読みをひらがなで彫ることが可能な自治体もあるので、登録前に確認しておきましょう。


■銀行印

黒水牛の実印と銀行印のセット【印鑑のいいはんこショップ】

その名の通り、銀行口座を作る為に用いられる印鑑です。姓もしくは名のみの彫刻が一般的です。


銀行印の条件
1.浸透印(ゴム印・シャチハタ等)は不可です。


■認め印

手軽な認証の印として使われる印鑑です。


認め印の条件
1.特に無し


書類の閲覧の証明や受取り、領収書などに利用できます。
ただし、いくら「認め印」が手軽に使われる印鑑といえども、契約書類等に捺印すれば法的な効力が発生しますので、くれぐれも注意が必要です。


■法人実印

象牙の会社設立セット【印鑑のいいはんこショップ】

法務局に法人として登記する為に用いられる印鑑です。会社設立時やその後の契約などに利用されます。一般的に外周に会社名、内部(中丸)には代表者の正式な役職名(代表取締役印等)を彫られます。ちなみに、アルファベット社名の登記も可能です。


法人実印の条件
1.大きさは1cm四方以上3cm四方以下
2.浸透印(ゴム印・シャチハタ等)は不可です。主に領収書、請求書や契約書などに押されるはんこで、その書式の発行元を証明するものです。個人商店から法人まで、幅広く使用されている印鑑です。


■法人角印

主に領収書、請求書や契約書などに押されるはんこで、その書式の発行元を証明するものです。個人商店から法人まで、幅広く使用されている印鑑です。


 

(c)2002 Affiliate-net.jp all rights reserved



Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/affiliat/public_html/shopping/promo/iihanko/about.htm on line 225

Warning: include(http://hikaku-navi.jp/adflame.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/affiliat/public_html/shopping/promo/iihanko/about.htm on line 225

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://hikaku-navi.jp/adflame.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/affiliat/public_html/shopping/promo/iihanko/about.htm on line 225