THE 印鑑  
印鑑の選び方
個人用印鑑
法人用印鑑
 


 
結局 いい物・本物を選ぶなら
メーカー直販ショップです
メーカーダイレクトのハンコ屋さん
いいはんこショップ 即日発送可能です
 
印鑑の選び方

一口印鑑といっても材質・大きさ・用途に至るまで様々なタイプのものがあります。それでは、なにを基準に印鑑を選べばいいのでしょう?ここでは印鑑を選ぶための基準となるポイントを解説しています。



1.まずは材質(印材)選びから

印鑑の素材として代表的なものは以下の4つです

■象牙

象牙のご夫婦実印セット【印鑑のいいはんこショップ】

きめが細かく、繊細な彫刻が可能な印鑑としては最高素材です。 硬度も高いので、印肉のなじみもよく、印影が美しいのが特徴です。象牙は、ワシントン条約によって輸入が規制されており、規制以前に輸入されたものや、ワシントン条約の管理下で輸入された象牙のみしか販売されていない為、希少性が高く、ステイタス性の高さといった点でも最高の印材と言えます。最近では象牙と称して「ラクト」と呼ばれる類似品が横行しているので注意が必要です。象牙を加工・販売するには各種の届出が必要ですので「通商産業省」の認定事業者番号が表記されているかを必ず確認しましょう


■オランダ牛

オランダ水牛の実印と銀行印のセット【印鑑のいいはんこショップ】

オランダ牛は、一本一本違うマーブル模様があるのが特徴で、リーズナブルで耐久性もある、コストパフォーマンスの高い印材です。産出量の少なさから、価格は同じ牛の角である黒水牛より、若干高くなっています。なかでも「芯持ち」と呼ばれる芯(角の中心)のみを使用した印材は人気が高く、乾燥による反りや割れがおこりにくく、一本の角から、わずかしか採れない為、象牙に次ぐ高級印材として珍重されています。


■黒水牛

黒水牛の実印と銀行印のセット【印鑑のいいはんこショップ】

黒水牛の角を印鑑の材料として加工しています。リーズナブルで耐久性もある、コストパフォーマンスの高い印材です。キメの細かい繊維質が特徴で、プラスチック材 等には真似の出来ない鮮明な捺印が可能になっています。オランダ牛同様、「芯持ち」と呼ばれる芯(角の中心)のみを使用した印材は人気が高くなっています。


■柘

柘の会社設立セット【印鑑のいいはんこショップ】

柘という木から加工される印材です。植物系の印材のなかでは、繊維が緻密で高度も高い為、捺印性にも優れています。会社の印鑑等に用いられる事が多いです。


2.次は大きさを決めます

ぱっと見、同じようにも見えますがそれぞれ大きさが微妙に違っています。印鑑の種類ごとの一般的なサイズは下記の通りです。

実印

直径13.5弌15弌16.5弌18

以前は、男性が15个能性が13.5个噺世Δ里一般的でしたが、最近は男女共に15个箸いΔ里多いようです。

銀行印

直径15弌13.5弌12弌10.5

一番人気なのは、直径12个任垢、特に一般的なサイズというのがないので人によって様々なサイズが選ばれています。

認印

直径15弌13.5弌12弌10.5

使う場所によっては社会的な立場が大きさに繁栄されるのが認印の特徴です。会社内で利用するような場合は上司の方より大きくても困りますので周りを良く見てから上手に選びましょう。


3.そして印鑑の内容を決めましょう

あとは、印鑑の内容と書体です。内容は当然「名前」なのですが大きく分けて下記の3パターンがあります。

1.フルネーム

姓・名ともに彫られます。

一般的に実印がこのパターンです。

2.姓のみ

姓だけ彫ります。

銀行印・認印などに広く使われるパターンです。

3.名のみ

下の名前だけを彫ります。

未婚の女性など改姓の予定のある場合に、良く用いられるパターンです。名字部分を彫りませんので、改姓後も同じ印鑑で印鑑証明を取る事ができます


そして書体は数限りなくあるのですが、最も一般的に使われるのは下記の4書体です。

1.印相体(いんそうたい)印相体サンプル

現在一番人気の書体です。歴史的な雰囲気を醸し出す字体ですが、実は歴史的には浅く、日本の職人により培われた書体です。篆書体を基本として、中心から八方に広がる八方位という配置で彫られます。文字と枠の部分が接合している場所が多いので欠けにくいというメリットもあります。

2.篆書体(てんしょたい)
篆書体サンプル

ルーツを中国とする歴史的な字体です。古くは歴史で習った「金印」もこの書体で彫られており、紙幣もこの書体の印章が使われています。長らく印鑑では人気の書体でしたが「印相体」の登場で若干影が薄くなっています。

3.古印体(こいんたい)
古印体サンプル

上記2書体と比較して誰にでも読みやすいので「認印」に用いられる事の多い書体です。逆に書体が簡単なので偽造しやすいという点から「実印」や「銀行印」には、あまり利用されません。

4.隷書体(れいしょたい)
隷書体サンプル


 

(c)2002 Affiliate-net.jp all rights reserved



Warning: include() [function.include]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/affiliat/public_html/shopping/promo/iihanko/index.htm on line 269

Warning: include(http://hikaku-navi.jp/adflame.php) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/affiliat/public_html/shopping/promo/iihanko/index.htm on line 269

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://hikaku-navi.jp/adflame.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/affiliat/public_html/shopping/promo/iihanko/index.htm on line 269